債務整理にかかる費用|債務整理 費用なび

債務整理にかかる費用

相場はどのくらい?

そもそも借金が返済出来ずに困っているのに、弁護士や司法書士に支払うお金がないと心配になると思います。
では、実際に債務整理にかかる費用はどれくらいなのでしょうか。
弁護士や司法書士に依頼をし、行ってくれることは債権者との交渉と今後の返済計画が主になります。
ですが、中でも一番大変なのは債務者が完済するまでの管理です。
約3年程度は管理し続けなくてはならないという事を考えると、結構な労力がかかることは想像できますよね。
大半のケースで弁護士や司法書士に債務整理を依頼するかと思いますが、一般的にほとんどの場合で着手金がかかります。
この着手金を支払わない事には、弁護士や司法書士は動くことはできません。
着手金は3万~5万円程度が相場と言われていますが、債務整理の内容によっては金額は変わってきます。
そして、債務整理が成功した場合に成功報酬が発生します。
成功報酬も債務整理の内容によって異なってきますが、一般的に10万~20万円程度で、中には30万を超える場合もあります。
また、債務整理を行う前に相談したいという方の場合、弁護士や司法書士であれば、時間に応じ相談料金が発生します。
しかし、最近では無料で相談しますというケースがほとんどですので、こちらも確認しましょう。"

どうしても支払えない時は?

債務整理には費用がかかるという事を説明しましたが、そもそもそんなお金があるなら債務整理する必要なんでないと思う方もいますよね。
中には、弁護士や司法書士に支払う余裕がどうしてもないという方もいるかと思います。
債務整理を行うのは手続き上で個人では難しいことが多く、プロの専門家に依頼せざるを得ないので、費用が発生してしまうのです。
債務者にとって数十万円という金額は苦しい金額です。
そういう方のために、どうしても着手金などを払うことが出来ない方を救済するという目的で、一定の要件を満たせば日本司法支援センター(法テラス)での立替制度があります。
この制度は、月々数千~1万円程度の分割払いで報酬を払うことが出来ます。
注意しなくてはいけないのは、依頼する弁護士や司法書士によっては利用できない場合もありますので必ず確認して下さい。
また、弁護士事務所によっては分割払いが出来るところもあります。
こちらも、分割可能かどうかは事務所によりますので必ず確認してましょう。


このページの先頭に戻る