費用の目安①|債務整理 費用なび

費用の目安①

自己破産にかかる費用

自己破産手続きする方のほとんどが同時廃止事案になるので、その場合の申し立て費用についての目安です。
自己破産は予納金として1万~4万円程度かかります。
その他に予納郵便が5千~2万円、印紙代として1500円です。
一般的に同時廃止の場合が多いので、実費は約5万円程度となります。
次に弁護士や司法所に依頼する場合です。
その場合の費用は個々の事情にもよりますが、着手金が15万~40万円、成功報奨金が15万~40万円(面積が得られた場合)が相場です。
自己破産は自分で手続きを行う事はできます。
その場合当然のことながら、弁護士や司法書士にかかる費用は発生しません。
ですが、プロの専門家に依頼する事で、申し立てに必要な手続きも債権関係の情報収集も債権者に直接交渉してもらえます。
個人では集めにくい債務の証明書も自分で行う必要はなくなります。
。 免責不許可理由に抵触する可能性がある場合も、専門家の存在というのは非常に大きいです。
最近では、分割で支払えるところも増えてきているので弁護士や司法書士などの専門家を利用することをお勧めします。

任意整理にかかる費用

任意整理では裁判は行わずに各債務者と交渉をし、借金や利息の減額、過払い金の返還、支払いスケジュールの緩和います。
この場合、司法書士や弁護士に依頼する必要があります。
費用としては裁判所を利用しないので弁護士や司法書士への支払いのみとなります。
任意整理の費用としては、着手金、成功報酬、経費が挙げられます。
着手金の目安としては4万円で、任意整理の場合は過払い金の発生を想定しているので、返還額の20%を成功報酬として支払うのが一般的です
これらを踏まえ、債権者1社あたり、3万~5万円程度。
例えば、5社借り入れがあったとすると、15万円~25万円位が相場ということになります。
また、別途交通費や振込み手数料などの実費(経費)がかかることもあります。。


このページの先頭に戻る